代行スタッフのスキル|家事代行サービスを使って家事の時間を自由な時間に

代行スタッフのスキル

キッチン

家事代行サービスのスタッフは、皆家事のプロフェッショナルです。
しかし具体的に、どのような人が家事代行スタッフとして活動しているのでしょうか。

家事代行スタッフには「ほぼ全ての家事に対応可能」なプロもいれば、「ある家事に特化した」専任プロもいます。利用者のニーズに合わせた細かなサービスプランに合わせ、業者側はどのようなスタッフを派遣するのか判断しているのです。

また、家事代行サービスのスタッフとして雇用された人達は、新人研修や社内教育など、定期的に研修を受けています。定期的な社内研修によってスタッフのレベルを維持・向上させる事によって、サービス業者はサービスの質を高めているのです。それを怠っている業者は、次第に評判を落としていく事でしょう。

ところで、家事代行スタッフが受けている社内研修とは、どのような内容なのでしょうか。

細かな研修内容は各業者によって異なりますが、大きく分けて最低3つの研修が必要です。その3つとは、「マナー」、「スキル」そして「コンプライアンス」です。

まずマナーですが、家事代行サービスも接客を伴います。利用者に気持ち良くサービスを利用してもらえるように、マナー研修は必須でしょう。ここでの「マナー」とはビジネスマナーと言うよりも、笑顔や挨拶といった基本的なマナーが重視されます。
次にスキルですが、これはやはり家事のスキルになります。家事のスキルが低いと利用者の満足度も下がりますから、家事のスキル研修もまた必須です。

そして、「コンプライアンス」です。特に個人情報保護の観点から、スタッフには利用者の個人情報を悪用しないよう徹底した指導が実施されます。